毎日Lucky

日常のちょっとした疑問に答えるお役立ち情報満載!

引越し

引越しの部屋探しいつから?部屋探しの流れとコツは?

2017/02/11

madori

引越しが決まって部屋を探し始めるタイミングはいつが良いでしょう。
早すぎても遅すぎても困ります。
部屋探しから引越しまでの流れを把握しておきましょう。
部屋探しのコツや注意するポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

引越しの部屋探しいつから始める?

引越しすることが決まった場合、部屋探しはいつから始めれば良いのでしょう。

引越して住み始める日の約2ヶ月前くらいからが良いでしょう。

ネットの情報や不動産会社に足を運び、空き予定の物件も含めて探してみましょう。
引越しが決まっていたとしても、あまり早くから探すのはお勧めしません。

ただ、新築物件を狙っている場合は、早めに不動産会社へ出向いたほうが良いです。

数世帯の小規模な物件でも、建築期間や設計などから、少なくとも半年近く前には賃貸計画は決定しています。
マンションタイプなら、もっと以前に決まっています。

部屋探しから引越しまでの流れを把握

希望通りの部屋が見つかっても、すぐに入居することはできません。
準備しなければならない書類や、契約手続きなど、最短でも1週間~2週間はかかります。

部屋探しから引越しまでの流れを把握しておきましょう。

【流れ】

①ネットで賃貸情報をチェックする 

②希望に近い物件が見つかったら、物件を取り扱っている不動産会社へメールや電話で問い合わせる
早めに確認したい場合は、電話で問い合わせた方が確実です。

★不動産会社を選ぶポイント★

複数の不動産会社に同じ賃貸情報が掲載されている場合が多いです。
不動産会社によって、得られる情報が違ってきます。

住みたい地域が限定されている場合は、希望している地域の情報が多く掲載されている「その地域に強い不動産会社」を選ぶと良いでしょう。
地元に密着した不動産会社は、個人的な繋がりで、大手の不動産会社に掲載されない情報が入ってくることも多いです。
そのような不動産会社に足を運んでみると、良い情報が得られるかもしれません。

③実際に部屋を見たい場合は、見学の予約を申し込む
自分の希望する部屋の条件や、引越したい時期などの予定をハッキリさせておき、その内容を不動産屋さんに伝えるとスムーズに進みやすいです。

④不動産会社への来店予約をして、物件の見学をする。
来店予約をしておくことで、待ち時間がなく時間を有効に使えます。
不動産会社側でも、他の物件情報などを事前に準備しておいてくれたりします。

複数の物件を見学しても、一回で希望の部屋が見つかるとは限りません。
希望通りの物件が見つかっても、入居者の退去待ちという可能性もあります。

そのような状況が起こり得ることを頭に入れて、引越したい日から逆算して行動しましょう。

⑤住みたい部屋が見つかったら申し込みをする

申し込みをしても、すぐに契約とはなりません。
大家さんによる入居審査
きちんと家賃を払い続ける収入があるかどうかの確認です
「身分証明書(社員証や学生証)」
「収入を証明するもの(源泉徴収票や納税証明書)」

⑥契約
不動産会社からの重要事項説明があり、契約書作成が行われます
敷金や仲介手数料など初期費用の支払い
「住民票」
「印鑑」
「保証人の印鑑」

審査や契約に必要な書類は事前に準備しておけば速やかに進みます。

申し込みや契約に必要な書類は不動産会社によって異なります。
申し込み本人の勤務先・勤続年数・年収以外に、連帯保証人の情報も必要な場合もあります。
連帯保証人となる親などの勤務先や住所は、事前に確認しておきましょう。

申し込み時には申込金として1万円程度~家賃1カ月分を支払う場合もあります。

ある程度の見通しが立ったら、今住んでいる物件の管理会社に「退去」の連絡をしましょう。
1ヶ月以上の猶予をもって行います。

スポンサードリンク

引越しの部屋探しのコツは?

部屋探しの基準となる項目は、「値段」「間取り」「広さ」「便利さ」「環境等」です。

住みたい部屋を想像して、絶対に譲れない項目の優先順位を設定すると良いです。

部屋選びはこちらの記事を参考にしてみてください
→ 女性の一人暮らし部屋の選び方は?家賃の目安と防犯対策

◎間取り図を見る時
探している部屋だけでなく、両隣の部屋の間取りも確認してみましょう。
特に隣の部屋の水場と自分の部屋のリビングが壁を隔てて隣接していないかどうか確認しましょう

一度の見学で決めてしまないようにしましょう。

◎周囲の環境のチェック
部屋以外にも周囲の環境はとても重要な要素です。
後日、昼と夜、最低2回は部屋の周辺を歩いたり、車で走ってみると良いです。

また、スーパー、銀行、郵便局、病院の場所なども確認します。

◎契約をする際
必ず隅々まで読んで分からない所は確認するようにします
特に、解約する時の諸事項をきちんと確認しておくことが大切です。

まとめ

引越しの部屋探しは、約1ヵ月から2か月の間で行います。
早すぎても遅すぎても良くないです。

部屋探しから契約までの流れを把握して、短期間に効率よく見つけられると良いですね。
ぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事も参考にしてみてください。
→ 引越し費用の比較はどこで?近距離は自分で可能?家具だけなら安い?

スポンサードリンク
josei6
美顔器ピコpicoでたるみやシワが簡単に消える!効果大の使い方は?

年齢を重ねると、どうしても顔のたるみやシワが気になりますが、そう簡単に改善できる ...

dansei1
男性更年期障害の原因と症状|何科で治療?うつ病との違いは?

男性にも更年期障害というものがあり、のぼせやほてり、めまいなどの症状が出る場合が ...

pico7
小顔スティックpicoピコを購入して後悔しない為のメリットとデメリット

小顔スティックピコpicoで、私でも小顔になりたい! でも、29,900円(税込 ...

rocabo
糖質制限中だって外食したい!低糖質メニューがあるお店を紹介

スポンサードリンク 日本テレビの朝の情報番組「スッキリ!!」で、外食チェーンの低 ...

レチノA
ビーグレン|シワを消したい人におすすめの化粧品その理由とは?

年月を重ねて、しっかり刻まれてしまったおでこや眉間のシワ、鏡を見るのがほんと憂鬱 ...

-引越し
-,