毎日Lucky

日常のちょっとした疑問に答えるお役立ち情報満載!

引越し

女性の一人暮らし部屋の選び方は?家賃の目安と防犯対策

2017/03/21

hitorigurashi

女性が一人暮らしする部屋を選ぶ時には、何を重視したら良いでしょう?
毎月の出費となる家賃の額も気になります。
また、女性の場合は、特に防犯対策が大事です。
一人暮らしを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク
  

女性の一人暮らしの部屋の選び方は?

一人暮らしのための部屋を探す場合、ひとそれぞれ、絶対譲れない条件と、妥協できる条件が違います。

私も、独身時代に一人暮らしをしていました。
その時の経験も交えながら、住みやすい部屋の条件を紹介したいと思います。
自分自身が重視したい部分などと比較しながら読んでみてくださいね。

部屋の構造

・お風呂とトイレは別が良い
ユニットバスだと、湯舟の外で体が洗えないので、シャワー中心になりがちです。

・部屋は2階以上が良い
1階は防犯面が心配です。
部屋の前の環境によっては、1階は日当たりが悪い場合があります。

・フローリングが良い
衛生面や掃除のしやすさではフローリングがおすすめです。

・エアコン付き
地域によっては、夏場にエアコンがないと辛いかもしれません。

・押入れやクローゼットなどの収納がいくつかあると良い
収納があれば、余分な家具を用意したりする必要もなく、部屋を広く使うことができます。

・部屋の構造はしっかりしている方が良い(木造か鉄筋かなど)
壁や床や天井が薄いと、声や足音や物音が響きやすく、近隣との騒音問題になりかねません。

・部屋の窓は南向きか、せめて東向きが良い
東向きは、朝日が当たりますが、正午頃から日が当たらなくなります。
北向きは、1日中日が当たらず寒いです。
西向きは、昼は日が当たりませんが夕方の西日が当たります。
特に夏場の西日は熱く、部屋の温度が上昇します。
洗濯物を外に干すつもりなら、南向きか東向きがおすすめです。

・水道の水圧が低くないか
階層が高い部屋は水圧が低くてシャワーの水の出が悪い場合があります。
特に築年数が長い、古い建物は水圧が低い場合が多いので、きちんと確認しましょう。

・地震などの災害に耐えられる建物かどうか
災害時に逃げにくい高層階の部屋の場合は、非常用ルートが確保されているかどうかを確認した方が良いです。

・インターネット環境が整っているかどうか
人によっては重要なポイントになります。

・コンセントの位置や数
古い物件だと、極端に少ない場合があります。

部屋周辺の環境

・駅から徒歩10分以内
近いに越したことはありませんが、その分家賃は高めになってきます。

・近くにコンビニやスーパーがあると良い
一人暮らしで、自炊ができない時は、近所にあるとなにかと便利です。

・大きい道路に面していない、一歩入った道にある部屋が良い
車の行き来の音がうるさくて、窓を開けるとテレビの音が聞こえないほどです。

・近隣住民の雰囲気
トラブルになりそうな人が住んでいないかなどチェックできれば良いですね。
コンビニなどの24時間営業のお店などがある場合は、夜の雰囲気なども確認した方が安心です。

・近隣の雰囲気
どんな建物が建っているか、夜間は明るいのか暗いのか
若者のたまり場がないかどうか

・共用部分はきちんと整頓されているか
管理会社の質がわかります。


スポンサードリンク

一人暮らしの家賃の目安は?

一般的に、家賃の目安は、手取りの収入の額の3分の1以下が望ましいと言われています。

もし手取り18万円ならば、管理費込みで6万円以内の部屋を借りることになりますね。
この場合、残りの12万円で、電気や水道などの光熱費、食費、携帯電話等の通信費、洋服代やレジャー費を賄わなければなりません。

もし、手取りの収入が24万円で、1/3の8万円の部屋を借りた場合は、残りは16万円です。

同じ1/3の家賃でも、月の手取り収入によって、残る額が変わってくることに気付きますよね。

一般的に言われる「手取りの3分の1」という話は、手取り収入が少ない人には当てはまらない場合があります。
「家賃以外の生活費はいくらかかるのか」ということを予め把握しておくと良いですね。

手取り収入 - 生活費 = 家賃
 
という計算をして、その範囲内の部屋を探すようにしましょう。

女性の一人暮らしの防犯対策

女性が一人暮らしをする場合は、特に居住環境の治安や防犯面を重視した部屋選びが大切です。

まず第一条件として、1階の部屋は避けましょう。
たとえば少し暑い夜でも窓を開けては寝られません。
空き巣被害が最も多いのは1階です。

空き巣や侵入などの犯罪は、窓へのアクセスが容易かどうかです。
窓はガラスさえ破れば、簡単に侵入できてしまいます。
1階であれば尚更ですね。

かと言って、2階や高層階なら安全かというと、そうとは言い切れません。
1階よりは可能性が低いというだけです。

例えば、「窓はシャッター付きなので閉めれば安全」、「オートロックだから安心」と思いがちです。
でもシャッターは、破ろうと思えば簡単に破ることができます。
オートロックであっても、敷地内に入ることは可能です。
オートロックに安心して、夜間に無施錠の玄関や窓から侵入されるケースがあります。

重要なことは、防犯意識と対策です。

・女性物の洗濯物を外に干さない
・常にカーテンをして、室内を見られないようにする
・施錠を忘れない
・補助錠を付ける
・夜はシャッターを閉める
部屋を選ぶ際には、外から見た部屋の印象なども注意してみると良いでしょう。

まとめ

一人暮らしの部屋を探しを始める前に、条件を書き出したり、更に優先順位をつけたりすると良いです。
気に入った部屋が見るかると良いですね。

こちらの記事も参考にしてみてください
→ 引越しの部屋探しいつから?部屋探しの流れとコツは?

スポンサードリンク
josei6
美顔器ピコpicoでたるみやシワが簡単に消える!効果大の使い方は?

年齢を重ねると、どうしても顔のたるみやシワが気になりますが、そう簡単に改善できる ...

dansei1
男性更年期障害の原因と症状|何科で治療?うつ病との違いは?

男性にも更年期障害というものがあり、のぼせやほてり、めまいなどの症状が出る場合が ...

pico7
小顔スティックpicoピコを購入して後悔しない為のメリットとデメリット

小顔スティックピコpicoで、私でも小顔になりたい! でも、29,900円(税込 ...

rocabo
糖質制限中だって外食したい!低糖質メニューがあるお店を紹介

スポンサードリンク 日本テレビの朝の情報番組「スッキリ!!」で、外食チェーンの低 ...

レチノA
ビーグレン|シワを消したい人におすすめの化粧品その理由とは?

年月を重ねて、しっかり刻まれてしまったおでこや眉間のシワ、鏡を見るのがほんと憂鬱 ...

-引越し
-,